子ども食堂を応援しよう!

イベント

日本の子どもの「7人に1人が貧困」だと知っていますか?

1人でも多くの人に知ってほしい・・・

7人に1人の子供がご飯を食べれないでいる現状を・・・

「子どもの貧困」というと、多く人は発展途上国の、命を繋ぐのも難しい環境で生きる子どもたちのことを思い浮かべるだろう。

しかし、世界的視点から見ても、日本の子ども、特に母子家庭の子どもの貧困は深刻な状況にあるということをご存じだろうか。

日本の子どもの貧困の特徴は、見た目では分かりづらいということです。私たちの無料学習会や居場所に通う子どもも、ボロボロの服を着ていたりする子はいませんし、中学生になればスマホを持っている子も少なくありません。日本は非常に同質性を好むので、「貧乏」と思われないために、子どもも親もとても気を使っています。しかし一歩家庭に入れば、食べ盛りの子どもに十分な食事も与えられないような生活実態なのです。

現在、国内5000ヶ所に広がる子ども食堂ですが、まだまだこの活動を知らない人や支援の手が届いていない人が沢山います。

関連記事一覧

サイト内検索

子供の頃に描いた夢…覚えていますか?